うつ病の原因を知り自分に合った治療法を選択しよう

病の種はすぐそこに

うつ病が心に及ぼす影響

女医

うつ病は心に様々な症状が現れます。心の症状とはどういったものか、何が原因でそういった症状が現れてしまうのかといったことを知っていれば、うつ病の発症を防ぐことができるでしょう。

詳細へ

体に現れる症状とは

看護師

うつ病は心の病と思われていますが、実は体にも症状が現れます。原因不明の体の不調が続いているのであれば、うつ病かもしれません。どんな症状が現れるのか具体的に見ていきましょう。

詳細へ

ストレスと上手く付き合う

レディー

うつ病は現代の日本では決して珍しい病気ではなくなっています。うつ病の原因は大まかに言うとストレスです。一体どんなストレスが私たちの周りには隠れているのか探っていきたいと思います。

詳細へ

食事でうつ病を改善しよう

ウーマン

うつ病には様々な原因が潜んでいます。その一つを改善できる方法として、食事が挙げられます。専門的な治療はもちろん必要ですが、自分でもできる治療としてうつ病に良い食事を知っておきましょう。

詳細へ

うつ病の効果的な治療

女の人

今行なわれているうつ病の治療は、薬物療法が主流でした。薬物療法は治療の効果が期待できる分、副作用などのリスクもあるため、中には薬を使いたくないという患者さんもいます。そんな患者さんのための代替として、近年では様々なうつ病治療の研究が行なわれています。その一つがカウンセラーによる「心理療法」です。治療効果はカウンセリングを行なうカウンセラーによって左右されるのが難点ではありますが、薬を使わずに治療したいという人に需要のある治療法と言えます。他にも、ストレスの原因となる感情をコントロールするための認知行動療法もここ最近で高い効果を挙げています。一方で最新医療機器や新しい検査方法も登場しており、治療が難しいとされていた重度のうつ病も治せる可能性がでてきました。

うつ病は今まで患者の自覚症状やカウンセリングで得た情報で判断していましたが、近年では「光トポグラフィー検査」という新しい検査方法が確立されました。人体に害のない光を照射して、うつ病の原因である前頭葉や側頭葉の血流の様子を目で見えるようにしたのです。なぜ脳の血流なのかというと、うつ病の人は血流の様子が健康な人と異なり、特定のパターンがあるからです。この検査ではうつ病だけでなく、血流のパターンによって双極性うつ病や統合失調症といった症状に分類することも可能なのです。自分がうつ病なのか知りたいという人や、うつ病と診断されて薬を飲んでいるけれど改善している気がしないという人は、一度光トポグラフィー検査を受けてみると良いでしょう。

うつ病の治療は薬物療法や心理療法だけではありません。ここ最近で注目されるようになった「磁気刺激治療法」というものをご存じでしょうか。この治療法は、8の字の電磁石を利用して頭の外側から脳に刺激を与えるというものです。脳に直接刺激を与えることで脳の活動を回復させるために行ないます。もともとアメリカで生まれた治療法で、今では日本でも行なわれています。まだ保険治療として認可されている治療ではないので、治療費は全額自己負担になります。この治療はうつ病の他にも、パーキンソン病や片頭痛、難治性てんかんといった神経疾患の治療にも活用されるほど画期的な治療法なのです。