うつ病が心に及ぼす影響|うつ病の原因を知り自分に合った治療法を選択しよう

うつ病の原因を知り自分に合った治療法を選択しよう

ウーマン

うつ病が心に及ぼす影響

女医

うつ病の症状の一つに「抑うつ」というものがありますが、抑うつ状態だからと言って、その人が必ずしもうつ病だとは限りません。悲しいことや嫌なことがあった時は誰でも一時的な抑うつ状態になります。これは全く異常なことではありません。普通であれば気分転換や時間が経てば自然と改善されます。しかし、うつ病の人の場合は一度抑うつ状態になると、簡単に回復することができません。そもそも回復するためのエネルギーがうつ病の人にはないのです。そのため、通常であれば一時的な抑うつ状態が長期間続いてしまうのです。体の病と違って心の病は周りの人には気付いてもらいにくいです。かと言ってうつ病の人は思考が低下しているので周りに助けを求めたり精神科を受診するという決断もできません。こうしてうつ病を放置してしまうことで、症状はさらに悪化してしまうのです。

うつ病による心の症状の一つに「気分障害」というものがあります。普通なら人は嬉しい時には喜んで、嫌なことがあれば悲しむというように感情をコントロールしています。しかし、うつ病の人の場合、そのコントロールが上手くできないために気分や感情とは逆の行動をしてしまいます。これが気分障害と言われるものです。実は、気分障害は誰にでも起こり得ます。軽度ではありますが、例えば風邪で寝込んでいる時などは一時的な気分障害になることがあります。この場合、原因が「風邪」だと分かっているのでその原因を解消することで改善されますが、うつ病の場合は違います。原因の特定や解消が難しいため、一度気分障害になってしまうと改善が困難になってしまいます。自分の精神的な負担になるのはもちろんのこと、対人関係や日常生活にまで影響を及ぼしてしまいます。

「意欲の低下」もうつ病の心の症状の一つです。人間の行動には「意欲」が必要不可欠です。人は意欲がなければ何かに興味を持ったり関心を持ったりできません。もし意欲がなくなってしまったとしたら、自分が今何をしたいのか、何をすればいいのか分からなくなってしまいます。うつ病の人はまさにその状態に陥っています。今まで楽しんでやっていた趣味がつまらなくなってしまったり、価値を見出せなくなってしまったりします。うつ病の人は何の理由も原因もなく、いきなり興味や関心がなくなってしまいます。何かをしたいという「意欲」がそもそもないので、気分転換をするという思考もないのです。そしてこの変化は突然訪れます。これがきっかけで周囲がうつ病だと気づくことがあるようです。