食事でうつ病を改善しよう|うつ病の原因を知り自分に合った治療法を選択しよう

うつ病の原因を知り自分に合った治療法を選択しよう

ウーマン

食事でうつ病を改善しよう

ウーマン

うつ病はセロトニンやノルアドレナリン不足が原因の一つであると考えられています。実際にうつ病の治療に使用する抗うつ剤にはセロトニンやノルアドレナリンを増やす作用があります。ではセロトニンが多く含まれているものを食べれば改善されるのではないかと思いますよね。本当にそうなのか、原因を探っていきたいと思います。

野菜や果物の中にはセロトニンを含んでいるものもあります。セロトニン不足がうつ病の原因なら、セロトニンが含まれている野菜や果物を食べればいいのでしょうか。実はセロトニンをそのまま摂取したとしても、うつ病が改善されるわけではありません。セロトニンは脳への入口を通ることができないので、肝心の脳に届かずに体に吸収されてしまいます。しかし、セロトニンの原料である「トリプトファン」は脳への入口を通ることが可能なので、セロトニンよりもトリプトファンを意識して摂取すると良いでしょう。

うつ病に良い食事というよりは病気全てに共通することですが、バランスの良い食事を規則正しく食べることが大切です。食生活の乱れはうつ病の原因の一つです。うつ病の人はエネルギーが不足している状態で、意欲の低下や倦怠感を招いてしまっています。このエネルギーを作り出すためには、バランスの良い食事をして、脳に十分な栄養を届けてあげる必要があります。さらに規則正しく食事をすることで、1日を通して十分な栄養を摂取できるのです。朝・昼・晩、規則正しく食べることで生活リズムも安定するので、うつ病の改善に大きな効果をもたらしてくれます。うつ病を予防・改善したいと思っているのであれば、最初の一歩として食生活の改善から始めてみてはいかがでしょうか。